会社の宣伝には名入れの商品が定番です

会社の宣伝には名入れの商品が定番です

粗品は名入れのオフィス用品が主流

企業が展示会などのイベントを行った際に来場記念として配布する粗品は、名入れのオフィス用品が主流だと思います。
中でも人気が高いのがメモ帳やボールペン、クリアホルダーなどでしょう。
私が今までもらった粗品の中ではやはりボールペン類が一番多いと思います。
企業名が入っているので、ボールペンを使うたびに企業名が見えるところが粗品としての有効価値なのだと思います。
さらに、メモ帳もしくは付箋紙なども使うたびに企業名や商品名などが目に入るので、粗品を配布した企業としてもメリットが高いのだと思います。
同じような目的としてはクリアホルダーなども繰り返し使用するたびに企業名や商品名が目に入るし、資料をクリアホルダーに入れて別の人に渡すことを考えると粗品をもらった人だけでなく、複数の人にまで企業名や商品名が告知される効果もあります。

いくらタダで粗品を配るからと言って、本当にただ差し上げるのではなく、何らかの目的を達成する必要があります。
企業は必ず費用対効果を考えます。
粗品の費用対効果は宣伝効果や企業イメージを高める効果など様々です。
そのような効果を的確に伝えながら商品やサービスを受注することにつながれば、それは効果があったことになります。
粗品としての名入れ効果や普段使うオフィス用品を選択することは理にかなった方法だと言えるのです。
私の会社でも毎年展示会を実施しますが、もらった人が喜んでくれたり役に立つ商品に企業イメージを高めるような効果を狙った企画を考えています。

関連リンク

Copyright (C)2017会社の宣伝には名入れの商品が定番です.All rights reserved.